一般社団法人日本医療経営実践協会 公認

医療経営士 実践研究講座

講座詳細

研究!「医療法務の基礎知識と法的リスクへの対応」

講座コード M-1 形 式 一日 特訓講座/6時間(昼休憩1時間あり)
種 別 基礎 対 象 医療法務に関心のある方、経営者
受講料 医療経営士 4万円/一般 5万円 特記事項 なし

●日時

2019年10月18日(金)10時~17時/受付終了

●場所

日本医療企画 ニッテン神田ビルセミナールーム
(東京都千代田区神田東松下町17 ニッテン神田ビル3F)

●講座概要

医療機関を巡る各種法規制が複雑化していくなか、医療経営において、法的問題が生じた場合の対応力がますます問われており、法務や法的リスクを正確に理解することが極めて重要となっています。
本講座では、法的リスクが何を意味し、医療経営にどのような影響を及ぼすかを紹介したうえで、医療機関の法務においてよく問題となる個別の法律・テーマごとに、基礎的な理解を深めるとともに、ワークショップやケーススタディを通じて実践的な考え方や対応力を身につけていただくことを目指します。

本講座で取り上げる以下のテーマごとに、講義(20分程度)→グループワーク(ケーススタディ等。30分程度)→まとめ(10分程度)といった流れで、座学による基礎知識のインプットに加えて、インタラクティブな意見交換を通じた実務対応力の習得を図ります。

【講座で取り上げるテーマ】

  • 医療経営におけるリーガルマインド(法的リスク・リスク判断の考え方など)
  • 契約・契約責任の基礎知識(契約の成立と効力、契約によって生じる責任と対処法など)
  • 医療法上の規制と医療経営における重要論点(医療法人の意思決定機関とガバナンスなど)
  • 人事労務と法律(労働契約とは、労働条件の変更に関する規制、懲戒処分・解雇の実務対応など)
  • 個人情報保護法の基礎と実務対応(患者・従業員の個人情報の取扱い、匿名加工情報に関する規制、漏えいに伴う責任と対応など)
  • 患者の迷惑行為等に関する法務(患者からのクレームやハラスメントへの対処法、反社会的勢力への対応など)

●講師

鈴木謙輔

(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士 )

講師プロフィール

長島・大野・常松法律事務所パートナー。
1999年 東京大学法学部卒業。
2000年 弁護士登録(東京弁護士会、53期)、長島・大野・常松法律事務所入所。
2006年 Stanford Law School卒業(LL.M.)。
2006年~2007年にKirkland & Ellis LLPのシカゴオフィスにおいて勤務。
2007年~2009年 金融庁総務企画局市場課専門官、2014年~2015年 厚生労働省参与。
医療経営士3級。

400 名を超える弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所である長島・大野・常松法律事務所において、医療・薬事・ヘルスケアプラクティスグループのパートナー弁護士として、医療機関をはじめヘルスケア関連産業に携わる企業や事業主に対して、医療法等の各種関連規制法、事業再編など法務全般を取り扱っている。