一般社団法人日本医療経営実践協会 公認

医療経営士 実践研究講座

 

周術期栄養管理セミナー

エビデンスに基づいた、早期回復をうながす
術前・術中・術後の栄養管理について学ぼう!

令和4年度診療報酬改定で周術期では栄養管理、薬剤管理、術後疼痛管理について新たな加算が創設されました。
栄養関連にとっては追い風のひとつではありますが、周術期の栄養管理については「何をすればよいのか」「どうすればうまくできるのか」がわからない方も多いのではないでしょうか。
本セミナーでは、ERASのプロトコルをベースに術前・術中・術後にどのような栄養管理をすればよいのか、周術期のチーム医療はどのようなものか、何が患者の早期回復に役立つのかといった内容が学べます。
周術期に求められる栄養管理について、エビデンスに基づいた正しい知識と手法を学び、患者さんにとっても、病院にとってもより良い治療をめざしましょう!

◎病院に勤務する管理栄養士はもちろん、周術期チームに参加している看護師、薬剤師、リハビリ職といった多職種の皆様も必見のセミナーです!

講義内容

・周術期の栄養管理(40分×2)
・症例検討(30分)
・質疑応答(10分)
※適宜休憩をはさみます
※質疑応答の内容は当日の受付のほかに事前募集もいたします

開催要項

日時

2022年7月22日(金) 17:00~19:00(120分)
※終了時間は前後する場合がございます

受講料

一般    5,000円(税込)
栄養経営士 4,500円(税込)※申込時に栄養経営士資格認定番号をご記入ください

形式

オンライン(Zoomウェビナー)
※参加者は開催後アーカイブ配信で講義を視聴できます(視聴期間は2週間を予定)
※当日の参加が難しい場合はアーカイブ配信のみでもご受講いただけます

谷口先生の写真

講師

谷口英喜
社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長・栄養部 部長

講師よりみなさまへ

わが国で周術期の栄養管理について、しっかりと教育を受けた管理栄養士はいないと思います。だからこそ、卒後に受講できるセミナーをフルに活用して、知識を蓄えて行きましょう。
周術期栄養管理は、科学的根拠に基づいた考え方が豊富な分野です。論理立てて学べば、きっと興味深い、皆さんの得意分野になることでしょう。
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥、セミナーでは多くの質問をお待ちしております。

講師プロフィール

麻酔科医師。1991年福島県立医科大学医学部卒業。神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科教授を経て、済生会横浜市東部病院周術期支援センター長兼栄養部長に就任。神奈川県立がんセンター麻酔科非常勤医師。日本麻酔学会指導医、日本集中治療医学会専門医、日本救急学会専門医、日本静脈経腸栄養学会認定医・指導医、日本外科代謝栄養学会・教育指導医。

▼お申し込みはこちらから!

一般の方





栄養経営士の方

栄養経営士資格認定番号



  • ご購入にはPaypalへの登録が必要になります。お手数ではございますが、未登録の方はお手続きをお願いいたします。
  • お振込みをご希望の場合には、このページの下にあるリンクのお問い合わせフォームまたはお電話で事務局にお問い合わせいただくか、実践研究講座の申し込みページからお申し込みください。
  • お申込み後のキャンセル・返金はお受けしておりません。ご注意ください。
  • 受講用のURL等は開催日の1週間前を目安に参加者にメールでお知らせいたします。
  • アーカイブ配信については、講座終了後に改めてURL等をお知らせいたします。配信期間は、配信開始日から2週間を予定しております。
  • 主催者側の理由により開催中止となった場合には、受講料の全額をお返しいたします。
  • 受講にあたり参加者に配布された資料のコピー、再配布、またアーカイブ視聴用のログイン情報の受講者以外への譲渡・売買・共有等は固く禁じます。また、講座の録画・録音等はご遠慮ください。
  • 本サービスにおける資料等の著作権はすべて講師と日本ヘルスケア経営学院(株式会社日本医療企画)が所持しております。これらの無断複製・転載・転用等はすべてお断りいたします。